ブロッコリーについて

ブロッコリーは緑黄色野菜でキャベツの仲間です。ふさふさとした蕾の部分を食べるイメージがありますが、茎まで食べる事が出来ます。さらに、茎の方が栄養素が豊富に含まれているため、まるごと食べるようにすると効果的です。輸入物などがあるため年中食べる事ができるブロッコリーですが、旬は冬となっています。11月から3月までが美味しいシーズンです。

ブロッコリーの栄養素として注目したいのがタンパク質です。100gあたり4.3g含まれていて、これは野菜の中で言えばトップクラスの含有量となっています。さらにカロリーも100gあたり33キロカロリーと低くなっています。そのため、現在流行している筋トレをの効果を上げたいならば、積極的に取っていきたい野菜なのです。

ブロッコリーを調理する際には、なるべく水に長時間触れさせないという事が重要です。水に触れると水溶性のビタミンが溶け出してしまうため、ブロッコリー自体の栄養価が下がってしまいます。そのため、レンジ蒸し調理をするのが良いでしょう。水で手早く洗ったら塩胡椒やコンソメなどで味付けした後、5分ほどレンジで加熱することで美味しく食べる事が出来ます。そこに鶏肉や豚肉を加えればタンパク質も取れて旨味もアップします。

Copyright © 野菜の中でも特に栄養価が高いものにはどのようなものがあるのか!, All rights reserved.