ほうれん草について

食卓の中でも身近な存在の「ほうれん草」。こちらは古くから子ども向けアニメで象徴的に使われているように栄養の塊です。抗発癌性作用や免疫を活発にさせるベータカロテンやマンガン、カルシウム、マグネシウム、ビタミンCなども多く含まれています。安価で手に入りやすいというだけでなく、どのスーパーでも入手できるという意味でも毎日食卓に取り入れたい野菜だという事ができるでしょう。

ほうれん草を食べる時にはその調理法に気をつけなければいけません。まず、代表的な食べ方である「おひたし」ですが、こちらは水溶性ビタミンがお湯に流れ出してしまうというデメリットがあります。湯がくことによってエグさが減り、食べやすくなるというメリットもありますが、栄養に気をつけるならなるべく短い時間で湯がき、すぐさま水にさらし、その水からもすぐに引き上げる事がポイントです。

おすすめは鉄の吸収率を上げるじゃがいもと一緒に調理をすることです。さらに、油を使うことによって脂溶性ビタミンのベータカロテンを吸収しやすくなります。そのため、ほうれん草とじゃがいものバター炒めなどが栄養学的に相性が良いと言えるでしょう。作る際にベーコンなどを加えるとタンパク質も増強されますし風味も増します。

Copyright © 野菜の中でも特に栄養価が高いものにはどのようなものがあるのか!, All rights reserved.