シソについて

独特の爽やかな香りと香りがあるシソは日本の中でも歴史を持つ香味野菜です。和食で使われるハーブの中では一番ポピュラーなものとして知られているでしょう。中国の漢の時代に子どもが食中毒を起こした時、赤紫蘇の葉を煎じたものを飲ませたことに由来して「紫」色の葉で「蘇」るという意味合いの漢字が当てられています。

シソには非常に多くのベータカロテンが含まれています。野菜の中でもトップクラスに含まれており、抗酸化作用や免疫力を付けたいという人におすすめです。また、ビタミンBも多く含まれています。そのため、疲労感や肌荒れ、口内炎などといった症状の予防になるでしょう。その他にもビタミンEやビタミンK、カルシウムなども含まれており、特に女性が意識して取った方が良いとされる栄養素が多いことも特徴です。

シソは葉物のため、どうしても傷みやすいという欠点があります。それを克服するためには塩漬けか醤油漬けにすると良いでしょう。作り方も非常に簡単で、軽く洗ったシソの水気をしっかりと取り、清潔なタッパーに塩とシソを交互に入れていきます。醤油の場合はさらに簡単でタッパーに醤油を注ぐだけで大丈夫です。こうするだけで1年以上保存が可能になるため、シンプルな食卓でも栄養バランスを整える事が出来ます。

Copyright © 野菜の中でも特に栄養価が高いものにはどのようなものがあるのか!, All rights reserved.