モロヘイヤについて

モロヘイヤはエジプト原産の野菜で、栄養が多く含まれています。アフリカ東北部から中東にかけて栽培されてきたモロヘイヤですが、今では日本でも栽培が進められています。群馬県、岐阜県、東京都などが生産地であり、夏が旬の野菜です。購入する時には葉の色が濃くて張りがあるものを選びましょう。葉先が変色しているものは鮮度が落ちているので気を付けてください。

また、栄養を逃さないためにはあまり茹で過ぎないというのもポイントです。茎を取り除いた後塩を少しだけ加えた沢山のお湯で湯がき、色が鮮やかになったら水にさらしてください。時間にして数秒程度のため、色の変化に注意しましょう。なお、この過程は電子レンジでも調理可能です。耐熱容器に入れてラップをかけたら1分ほど加熱をして水にさらしましょう。

モロヘイヤの栄養素のポイントとしてはベータカロテンが豊富だという事です。100g当たり10,000μg含まれており、これはほうれん草の2倍で野菜の中でもかなりの含有量となります。それだけではなくカルシウムも多く含まれています。日本人は食卓の中でカルシウムを摂取しにくいと言われているので、モロヘイヤを献立に組み込むことにより栄養バランスを整える事ができるでしょう。

Copyright © 野菜の中でも特に栄養価が高いものにはどのようなものがあるのか!, All rights reserved.